美しい自分になるためのこだわりポイント

大切なのは保湿

女性の肌の悩みは、大きく分けますと、ニキビ・肌荒れ、シミ・そばかす、しわ・小じわ、乾燥肌に敏感肌と5つに分かれますが、この5つの中でも、ニキビ・肌荒れは深刻な悩みで、ニキビ肌がイヤで外に出られない、誰にも会いたくない、学校や勤務先へ行くのが苦痛になるなどの理由でウツ病の原因にもなるくらいです。
女性の美容に関することの悩みは、男性が思うよりはるかに大きく、深刻な問題となっているようです。
これらすべての肌トラブルの原因の一つに、肌の乾燥が挙げられます。
肌は乾燥すると、その乾燥から一生懸命に肌を潤し、乾燥から肌を守ろうと、いつも以上に皮脂の分泌を活発にし、肌を乾燥から守ろうとする働きをするのです。
その過剰に分泌された皮脂が、乾燥で固くなった角質のために、毛穴に詰まり、やがて、炎症を持った赤ニキビや白ニキビと呼ばれるニキビへと進行していくのです。
なぜ、肌が乾燥するのでしょうか?
それは、洗顔の方法の間違いと、洗顔のし過ぎと保湿成分が不足するために、乾燥肌になり、ニキビ肌へと向かってしまうのです!
肌には、保湿成分を蒸発させないための皮脂が必要になります。
その皮脂は、肌の水分蒸発を抑えるだけでなく、外からの刺激を最低限に抑え、肌を守ってくれるのです。
ですから、わたし達の肌に必要な皮脂でもあるのです。
その皮脂を間違った洗顔…いわゆる合成界面活性剤などを配合した洗顔料でザバザバと洗顔していると、必要な皮脂までを奪ってしまい、乾燥肌へと導いてしまうのです。
肌を乾燥させた結果、ニキビができるのですが、そのニキビのベタつきが気になり、何度も洗顔を繰り返したり?
ベタつきがイヤで、化粧水は、さっぱりしたものを選んでしまう方も?
実は、肌のカサつき、ニキビを防止するには、ベタつきを取り去る洗顔料ではなくて、保湿効果の高い化粧水を選ぶことが肝心なのです。
代表的な保湿成分には、皆さんよくご存知のヒアルロン酸、コラーゲンをはじめ、セラミド、スクワラン、エラスチン、リピジュア、イソフラボン、アミノ酸などがあります。
ニキビや乾燥肌などの肌トラブルに悩まないためには、スキンケア化粧品は成分を確かめ、自分自身の肌に合ったものを選び、スキンケアしましょう。
購入されるときは、そのスキンケア化粧品に表示されている成分を確認し、保湿効果の高い成分が配合されたものを選ぶと良いですね。
その表示されている成分が分からないときや、なぜ表示が義務付けられたのかなどについて知りたい方は、薬事法における化粧品の表示を参考にされてみてはいかがでしょうか?
Search
Link
Copyright (C)2016美しい自分になるためのこだわりポイント.All rights reserved.